2021 年度の講義概要のデータベースを検索します。カリキュラムツリーへのリンク
学部・研究科
Faculty/Graduate School
総情
時間割コード
Course Code
70499
科目名
Course title
サブテーマ
Subtitle
エンターテインメント・コンピューティング
<M><C>
授業形態/単位
Term/Credits
クラス
Class
/2
担任者名
Instructor
山西 良典
曜限
Day/Period
木3
授業概要
Course Description
到達目標
Course Objectives

授業種別 / Teaching Types

講義(オンデマンド配信型)

言語 / Language

日本語(Japanese)

授業概要 / Course Description

本講義では,エンターテインメントコンピューティング分野の研究動向を学ぶとともに,おもしろいを作り出すための仕組みをデザインできるようになるためのゲーム理論の基礎やインタフェースによる適切な情報の提示方法などを身につけることを目標とする.「“おもしろい”を計算機でどのように扱うか?」を考える参加型の講義をデザインし,コンピューティングのみならず学部内の他領域の研究や学びでも活きるコミュニケーション能力や考える力を獲得することを目指す.本講義を通して,メディアアートやメディアイベントを支えるコンピューティング技術を知るとともに,コンピューティングの発展がメディアカルチャーの形成にどのように関わっていくのかについて理解を深めると共に,“おもしろい”をモデル化して評価可能にすることでユーザの行動心理を捉えたり,マネタイズを考慮したシステムを構築するための考え方を身につける.

学位授与方針との関係 / Related Diploma Policy

(総合情報学部)
1.知識・技能
  
2.思考力・判断力・表現力等の能力
  

到達目標 / Course Objectives

①知識・技能の観点
エンターテインメントを作り出すためのマルチメディア技術の基礎知識を学ぶ.また,基本的なゲーム理論に基づいた,ユーザインタラクションのしくみをデザイン可能な技術を身につける.

②思考力・判断力・表現力等の能力の観点
直感的なエンターテインメントを論理的に把握するための思考力を身につける.一方で,論理的なしくみに対して,どのような解釈が直感的に面白いと感じさせることができるのかを判断できる力も身につける.また,それらの論理や感性を正しく伝えられる表現能力を身につける.

③主体的な態度の観点
身の回りのエンターテインメントに対して,"受動的なEntertained"ではなく"能動的なEntertain"の観点で捉えて考えられる意識を身につける.

授業手法 / Teaching Methods

・教員による資料等を用いた説明や課題等へのフィードバック
・学生による学習のふりかえり
・課題探究(プロジェクト学習、課題解決型学習、ケーススタディ等含む)

授業計画
Course Content

授業計画 / Course Content

本講義では,以下のコンテンツについてそれぞれの特性を踏まえたアプローチを概説し,エンターテイメントをコンピューティングするための技術や知見などを学ぶ.

・音楽情報処理
音楽推薦,歌声合成,演奏支援,歌詞の処理など

・食メディア処理
飲食店検索,料理認識,レシピ分析など

・コミック工学
漫画の検索,漫画内の知識処理,漫画の制作支援,マーケティング

・ゲーム情報学
ゲーム理論,AIによるゲーム生成,AIによるゲームのプレイ,ゲームの攻略など

また,これらのトピックの中で,
・コンテンツに応じたインタフェース
・コンテンツに応じた評価方法
・ユーザ(プレイヤー)とのインタラクションデザイン
などについても学ぶ.

授業時間外学習 / Expected work outside of class

講義の中で指示をする

成績評価の方法・基準・評価
Grading Policies /
Evaluation Criteria

方法 / Grading Policies

定期試験を行わず、平常試験(小テスト・レポート等)で総合評価する。
定期試験を行わず、平常試験(小テスト・レポート等)で総合評価する。
成績評価割合{小テスト90%,レポート10%}
ただし,小テストの受験はWebにアクセスできるデバイスが必要となる.

基準・評価 / Evaluation Criteria・Assessment Policy

①知識・技能の観点
エンターテインメントコンピューティングの各分野についての基礎的な知識を評価する.基本的なゲーム理論についての知識と技能を評価する.

②思考力・判断力・表現力等の能力の観点
直感的なエンターテインメントの魅力を論理的に説明できる表現能力を評価する.

③主体的な態度の観点
身の回りのエンターテインメントに対する新しい視点での思考や判断を評価する.

教科書
Textbooks

参考書
References

うめ  東京トイボクシーズ  新潮社  
中村聡史  失敗から学ぶユーザインタフェース:  世界はBADUIであふれている  技術評論社  

フィードバックの方法
Feedback Method

LMSを用いる.

担任者への問合せ方法
Instructor Contact

オフィスアワー

その他
LMSを通して問い合わせ

備考
Other Comments

本講義はオンデマンドベースで実施します.
オンデマンド教材の視聴方法は,関大LMSを通して通知します.
オンデマンド教材は,講義日の講義時間からコンテンツに応じて1週間以上は視聴可能です.ただし,毎週,講義時間冒頭に,前回の講義についての小テストをLMSを通して実施します.