2022 年度の講義概要のデータベースを検索します。カリキュラムツリーへのリンク
学部・研究科
Faculty/Graduate School
総情
時間割コード
Course Code
70764
科目名
Course title
サブテーマ
Subtitle
卒業研究
授業形態/単位
Term/Credits
クラス
Class
/0
1
担任者名
Instructor
浅野 晃
曜限
Day/Period
木5
授業概要
Course Description
到達目標
Course Objectives

授業種別 / Teaching Types

演習(対面型)

言語 / Language

日本語(Japanese)

授業概要 / Course Description

色彩科学,視覚感性科学

学位授与方針との関係 / Related Diploma Policy

(総合情報学部)
1.知識・技能
  
2.思考力・判断力・表現力等の能力
  
3.主体的な態度
  

到達目標 / Course Objectives

4年次配当の卒業研究において研究成果を作成するうえでの基礎となる共通の知識や考え方を身につける。

授業手法 / Teaching Methods

・教員による資料等を用いた説明や課題等へのフィードバック
・学生による学習のふりかえり
・学生同士の意見交換(グループ・ペアワーク、ディスカッション、ディベート等含む)
・プレゼンテーション(スピーチ、模擬授業等含む)
・課題探究(プロジェクト学習、課題解決型学習、ケーススタディ等含む)
・フィールドワーク

授業計画
Course Content

授業計画 / Course Content

ゼミの研究テーマは,色の配置や組み合わせ,図形の形状や模様と,人がもつ印象との関連を定量的に探求する「色彩科学」「視覚感性科学」です。
3年次では視覚と色彩の基礎的知識を学習し,4年次では学生ひとりひとりが研究内容を決めて卒業研究を進めます。昨年の卒業研究では,「性別への社会的な色の割当と個人の選好」「図形の動きの方向と認知との関係」などのテーマを研究しました。どの研究でも,学生自身の興味をもとに,私との議論を通じてテーマを設定して,実験や解析を行い,興味深い知見を得ました。また,これまでの修士論文・卒業研究のうちいくつかは,国際・国内学会で発表しました。
なお,ゼミでの勉強・研究のしかたについては,以下の3つの方針をとっています。
(1)  卒業研究は,学生ひとりひとりがそれぞれのテーマで進める。共同作業はしない。
(2)  勉強のためのゼミ合宿はしない。(3)  専門演習では,英語の本を用いる。

授業時間外学習 / Expected work outside of class

必要に応じて図書館やコモンズを活用して、学習を進めること。

成績評価の方法・基準・評価
Grading Policies /
Evaluation Criteria

方法 / Grading Policies

定期試験を行わず、平常試験(小テスト・レポート等)で総合評価する。
平常成績100%

基準・評価 / Evaluation Criteria・Assessment Policy

出席状況、課題・討論の取り組みについて評価する。
なお、成績発表は秋学期に行う。

教科書
Textbooks


専門演習を実施する際に紹介します。

参考書
References


専門演習を実施する際に紹介します。

フィードバックの方法
Feedback Method

担任者への問合せ方法
Instructor Contact

適宜、指示する。

備考
Other Comments